読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャリアアップの方向に進めばより確かな家計になります。

澪里です、遺骨や遺灰を保管する方法には、
1.遺骨を全部自分の家で保管する方法
2.お寺や墓地などに納骨してから一部の遺骨だけを自分の家で保管する方法
の2種類の方法があります。
遺骨ペンダントを選ぶ方法については、大事な遺骨を入れて持ち歩くことになるため、なるべく遺骨に損傷がないようにすることができる素材を選ぶ必要があります。
遺骨ペンダント
では切り替えてこんな情報をゲットしました。
配送料はかかりますが、重い荷物を持って移動するとその分、時間が余計にかかります。
身軽になることで、帰省の直前まで仕事に集中できると話していました。
また、移動中も資料を読んだり電話をかけたりしたいビジネスパーソンは、費用がかかっても電車よりタクシーを選びます。
時間や手間を省くためにあえてお金を使うことで、支払った金額以上の価値を感じられるのであれば、結局は得をしていることになります。
払うより受け取るものの価値が高いからです。
豚肉やウナギなど、一見カロリーが高そうに見えるものを摂 取することで、実はエネルギーの代謝が高まるという食事の話に似ています。
フリーランスのお金の使い方を聞いていると勉強になります。
フリーランスは支払いのたびに生活のための出費なのか仕事のための経費なのかを区別します。
確定申告で区別して計上する必要があるからです。
売れっ子フリーランスの人ほど、経費にならない支出を嫌います。
節税だけが理由ではなく、仕事の成果など次の価値を生み出すための出費でなければ無駄遣いだと感じるようです。
この考え方はフリーランスでなくても使えます。
自分の知識やスキルを高めたり、仕事に生かせたりすることに使うお金は、将来得られるものに対する投資です。
節約は守りの技ですが、あえてお金を使って時間やスキルを 得ることは攻めの技といえます。
家計をうまく運営するには攻めと守りの両方が必要です。
家計のゆとりと相談しながら、ある程度は攻めの戦略を取り入れることで、キャリア人生を長続きさせたり、キャリアアップの方向に進めばより確かな家計になります。